働きながらの転職活動

 以前は大手電機メーカーの正社員とし働いていました。取り扱い説明書を作る部署にいましたが、とにかく激務。深夜残業や休日出勤は当り前。

 

 多い時には月200時間の残業をこなし、会社に泊まり込んで仕事をすることもしばしばでした。代休をとる指示は出ましたが、それすらとる事はできませんでした。

 

 残業代はきちんと頂いていたし、仕事自体はとてもやりがいのあるものでしたが、将来的に体力が持つかどうか不安でした。

 

 結婚や出産、子育てのことを考えると、とても同じ仕事を続けることはできないと思い、20代のうちにキャリアチェンジを兼ねた就職活動をすることにしたのです。

 

 収入が途絶えるのが怖かったので、働きながらの就職活動でしたが、面接の時間をとるのに一苦労しました。

 

 土日に面接してくれる会社はほとんどなく、有給をとるか平日の夜遅くにお願いするしかなかったからです。

 

<Pickup>
法務転職なび|求人を探しやすい人気サイトランキング xn--lhrp81d31n2sn.net
法務へ転職するならぜひ見ていただきたい記事がこちらです。実際に転職成功した人の感想とアドバイスが書かれている。

 

 履歴書や職務経歴書の準備も大変で、残業で深夜に帰宅してから作成したので、体力的にも精神的にも負担が大きかったように思います。

 

 辛い思いをした分、新しい仕事が決まった時の喜びはひとしお。今は派遣社員の編集ライターとして、充実した日々を送っています。