まさか自分が就職活動をするとは

 結婚したのは20歳の時でした。夫は9つ年上の29歳です。子供ができたこともありましたが、幸せに暮らしていました。結婚して18年の間夫は必至で仕事をして、お金を貯めました。住宅をローンも組まず、一括で購入したのです。そうした方がいいかと思い2000万もの大金をマンション購入へ使ったので、貯金が0となりました。私は専業主婦でした。マンションを購入した直後のことでしたが、夫が他界してしまいました。突然の事故で私もびっくりしました。何も考える事が出来ず、呆然としていたのですマンションは残ったものの、貯金はありません。

 

 後から聞いた話で分かったのですが、夫名義でローンでマンション購入をしていた場合は、夫他界後の支払いは請求されないそうです。その点にも驚きましたが、これから子供と一緒の生きていかないといけません。遺族年金だけでは到底暮らせず、就職活動を行う事となりました。いままで一度も働いた事のない私は、履歴書1枚書くのもよくわかりません。パート求人での応募に職務経歴書が必要だとか言われ、もう何がなんだかわかりません。そんな中、ハローワークで丁寧に対応をしてくださった方がいて、大変心強かったです。パートで病院内の病棟クラークの仕事を時給750円でしています。徐々に働くという事になれ、最終的にはフルタイムで仕事出来るように、今後も頑張りたいと思っています。