はじめての転職活動での困難と成功

 大学卒業から勤めた会社は契約社員でした。29歳の時契約満了に伴い転職活動を余儀なくされました。転職活動を開始した時期は、契約終了の9か月前です。まず転職を成功させた先輩のお話を伺い具体的な転職活動の進め方を教えていただきました。最初に行ったことは自己分析、適性検査です。適職診断試験を行い、上司、同僚、友人にお願いし自分の長所、短所を理解しました。次に転職サイトに登録し、エージェント担当に相談し履歴書、職務経歴書を作成しました。転職の際に企業側に見ていただくポイントは、前職で何を行ってきたか、試験を受ける企業で自分が何を行いたいかだと思っています。入社してから在職中に自分が行ってきたことを時系列にまとめ、職務経歴書を作成しました。エージェント担当と上司、同僚に職務経歴書を添削していただきました。転職サイトのエージェント担当から紹介していただいた企業の中から自分の希望に近い会社に5社エントリーし、履歴書、職務経歴書を提出し面接依頼を行いました。

 

 面接を受け始めた時期は契約満了時期から3か月前で、実際に2か月前には内定をいただきました。面接前に行ったことは、面接を受ける会社の企業分析、その会社で自分の生かせる強みを研究しました。その会社の面接形式を研究し、面接の練習を友人に依頼しました。その際に自分の強み、伝えたいことがきちんと相手に伝わっているかどうかを確認しました。まずは面接官、その会社の重役に合ってきちんと話をしてみないとわからないと思いましたので気になる会社にはとにかくエントリーしてみました。実際に面接を受けた会社は4社あり、そのうち2社内定をいただきました。面接を受ける前の重要ポイントは勤務地と給与でしたが、実際に面接を受け会社の社長様とお話しさせていただくうちに、その会社の将来性と仕事へのやりがいが重要だと再認識し、会社を選びました。

 

 転職活動には事前準備が不可欠です。自分のペースで転職活動を行うことで、仕事へのあせりも将来の不安もありませんでした。忙しい方は転職エージェントサイトに登録することをおすすめします。エージェント担当が、職務経歴書の書き方から、面接や給料の交渉もしてくださいます。今後も転職のさいはエージェントサイトを利用しようと思っています。