転職に有利になる情報収集のノウハウ

基本的な情報収集を行う方法

 転職では他の応募者よりもしっかり情報収集を行った人が有利なので、採用担当者に納得できるぐらいの情報を集める事が基本です。基本的には、企業が掲載しているホームページや会社の四季報などのツールを使います。自分が応募先の会社員になるぐらいの知識を得るまで、丹念に収集するぐらいの努力が必要です。応募する会社に仕事内容などに関して、自分にとって相応しいかどうかも同時に見極めます。

 

求人サイトなどで情報を集める場合

 求人サイトなどに記載してある情報を参照する場合、書いてある内容に関して、求められるスキルや経験などを詳細に書いてある事も多いです。応募を考えている際、自分の所有しているスキルを照らし合わせます。これまでの経験を振り返って、将来に生かせるかどうかを見定めます。

 

友人や知人から情報を収集する

 未経験の企業に転職を考えている場合、応募しようとしている職種として働いている知人などからアドバイスを受けておく事も良いです。求人サイトなどのインターネットの情報は、完全に内容が正しいかどうか分からないので、知人から転職などに役立つ情報を収集する事が大事です。情報を収集したら、培った経験が本当に会社で価値を発揮できるかどうかを決断して、自分の考えで転職活動を行います。