転職でスキルアップが出来ました。

 私は理系大学を卒業後、学んだ事とは全く関係ない接客の仕事に就きました。就職難だった事もあり、働けるだけでもいいと決めた就職先でした。しかし体調の不良のため退職する事になり、33歳になっていましたが転職活動が必要となりました。

 

[特集ページ]
33歳の転職
xn--33-3b1eq28ejpq.biz
33歳の転職は、キャリアとやりたいことを見直すのが成功のカギ。

 

 せっかくのなので自分の希望とする理系関係の仕事に就きたいと思い、色んな職種の情報を集めました。その時初めて知ったのが食品検査という仕事で、派遣でしたが早速応募しました。まずは登録会に参加して自分の希望を伝えましたが、経験者が望ましいという事でその職種では不採用となりました。しかし食品検査の補助として、原料検査であれば採用してもらえるという事で、転職する事ができました。

 

 それから働き続けて数年で食品検査の職場に移動する事が出来ました。原料検査の仕事もやりがいがある内容でしたが、食品検査では大学で学んできたスキルを活かす事ができましたし、学生時代にやっていなかった食中毒菌の検査に携われる事ができました。仕事のほとんどが検査室にこもっいて、何十個もある検体を手際よく検査していき、検査結果を判定して合否を決めます。

 

 基本はルーチンワークですが商品の出荷にも関わってくる重要な仕事だったので、とてもやりがいがあります。一度は退職して落ち込んでいましたが、スキルアップする事ができたので、結果的には転職する事になって良かったです。